2013年6月10日

台湾の猫写真家 猫夫人写真集刊行・個展開催 のお知らせ

写真集『猫楽園』猫夫人著   天野健太郎(『台湾海峡一九四九』他)訳
イースト・プレス刊 A5版並製、128頁、税込1,260円、2013年6月15日刊行(原題『台湾這裡有猫』)

◇猫夫人写真展「猫の楽園―台湾―

2013年7月17日(水)~7月29日(月)(火曜定休日)
10:30~18:30(最終日16:00終了) 入場無料
ペンタックスフォーラム ギャラリーⅠ (新宿センタービルMB)
※17日・18日 14時~ 猫夫人ギャラリートーク開催(通訳あり、参加無料)
(一部作品をウェブで公開中)

◯台湾の人気猫写真家 猫夫人が、長年見守りつづけてきた猫たちのゆる~い表情や元気いっぱいのアクションを、素朴な台湾の風景と人情厚い地元民の笑顔とともに切り取った作品。九份、猴(ホウトン)猫村といった人気観光地から、ガイドブックには載ってない台湾の路地、漁港、お宮、古民家、素麺工房、軍人村や何の変哲もない商店まで、猫の視線で台湾を映しとり、猫と台湾人のふれあいのストーリーを写真とエッセイで届けます。

◯猫夫人は7月16日~20日来日予定です。取材インタビューなど受付中(info@bun-bun-do.com)です(通訳あり)。





【猫夫人プロフィール】



台湾の猫写真家、猫と地域のボランティア。猫が好きで撮影を始め、猫がいると聞けばフットワーク軽く、台湾中を駆けまわってカメラを構える。猫の写真を掲載したブログが大人気となり、2013年3月現在1000万ページビューを超え、フェイスブック公式ページは2万いいね!突破。台湾で多くの個展、ワークショップを開催。新聞・テレビ・雑誌などの取材(ディスカバリーチャンネル出演、NHKBS「岩合光昭の世界ネコ歩き」現地案内)のほか、2009年第二回田代島にゃんフォトコンテスト「金猫大賞」受賞(受賞名は本名)。
のら猫と地元コミュニティとの共生を目指し、台北郊外の猴(ホウトン)で餌やり、不妊手術、環境美化などのボランティア活動を展開。ひなびた旧炭鉱町を内外の猫好きが訪れる観光地「猫村」に変えた。